尿検査 推算糸球体濾過量 eGFR

推算糸球体濾過量eGFR

腎臓の機能の検査方法心臓の機能の検査方法には尿蛋白を測る方法があります。

 

尿蛋白を測るのは間に落として普段やっている方も多いと思いますが、尿中に蛋白質などが含まれているか調べています。

 

世の中に赤血球やタンパク質は含まれていると、濾過機能が落ちているとして+と表示されます。

 

普通血液は腎臓の糸球体というところで犯され尿細管という所で再吸収されます。

 

それで尿の中にタンパク質などは出ないようになっているはずです。

 

腎機能の測定方法!尿検査・推算糸球体濾過量eGFR

 

しかし腎臓の機能が低下するとこのタンパク質などが大量に尿中に出てしまいそれが検査結果となって現れます。

 

クレアチニンで調べる

尿沈渣尿沈渣はおしっこを遠心分離機にかけて沈殿している物質を顕微鏡で調べる検査方法です。

 

この保険の成分には赤血球や白血球などが含まれていてこれがどれくらい含まれているか種類や量を調べることで心臓病の種類がわかります。

 

血液検査血液検査ではまずクレアチニンを調べます。
クレアチニンはアミノ酸のひとつで健康で糸球体が溶かして尿中に放出されるのでほとんど血液中には出てこないはずです。

 

しかし腎機能が低下しているとこれを越すことができなくなり気血中に沢山残ってしまいます。

 

クレアチニンの値は腎臓病が悪化すると少しずつ増えていきます。

 

そして8ミリグラム以上になると人工透析が必要なります。
Egfr推算糸球体濾過量クレアチニンは腎機能がどれくらい落ちているか知るためにとても重要な検査ですが、デメリットもあります。

 

というのは体の筋肉の量によっても個人差が出てきてしまうからです。

 

男性と女性で値が異なってしまいますし若い人よりもお年寄りの方が値が少なくなります。

 

そして糸球体の濾過量が50%以下になるまでこの数値のなって現れることがないので軽い腎機能障害を図ることができません。

 

eGFRは推算糸球体濾過量

腎機能の測定方法!尿検査・推算糸球体濾過量eGFR

 

それで腎機能の正確な値を知る方法ではクレアチニンクリアランスという検査をして糸球体の機能を推定します。

 

egfrは推算糸球体濾過量と言ってクレアチニンの値と性別と年齢の3つの要素取り込んで表示される通知です。

 

これは糸球体がどのぐらいの老廃物を出させることができるかを水産してくれるもので1分あたり何ミリリットルという単位で表されます。

 

例えばgfrが75ml毎分であれば正常な人気noの時の75%制度の濾過機能であると言えます。
尿素窒素尿素窒素は血液に含まれている窒素の成分
でタンパク質が分解された時にできる老廃物の一種です。

 

クレアチニンと一緒で腎臓の機能が低下していないとおしっこの中に排出されますが、腎機能が落ちてくるとろ過できなくなって血液中に溜まって尿素窒素の値が上昇してしまいます。

 

正常な時は8ミリから20ミリグラムデシリットルあたりですが、
タンパク質を多くとったり脱水症状を起こしていたりセルと値が上がります。

 

慢性腎不全の食事療法

腎臓病は症状によって食々ありますが、慢性腎不全では薬による治療が必要です。

 

正しい食事療法を行えば腎機能が低下するのは抑えることができて
人工透析に入らないといけない時期が遅らせられます。

 

心不全の食事の基本は低タンパク食を心がける十分にエネルギーをとる塩分を制限するこの3つです。

 

この3つを詳しく解説します。

 

腎臓病食宅配をうまく活用すると食事療法が簡単になります。

 

タンパク質を制限しないといけない理由タンパク質を制限しないといけない理由は腎臓負担をかけるからです。

 

それで体重1kgあたり0.6gから0.8グラムのタンパク質に留めるようにします。

 

タンパク質は体の中で分解されるときに酸化炭素と水を作りますが、
タンパク質は尿素ラティスなどの毒素を発生させます。